カスペルスキーを導入してみた。

あまりにもノートンの挙動が腐りすぎてるので、思い切ってカスペルスキーに乗り換えてみました。
2ユーザーパックの価格がノートン5980円に対しカスペルスキー10800円と高かったけど、ノートンより優れているならいいかなと思って・・・。



結論を先に言います。

WindowsマシンだけでLAN組んでるなら使うな('A`)




何この腐れソフト・・・。
確かにノートンより軽い。ノートンより設定が分かりやすい。ウィルスやトロイ検知、スパム削除もノートンより優秀かもしれない。
あと、不意に隠れアップデートしない(しても軽い)←ノートンはコンパネで自動アップデート切ってても4時間おきに勝手にゴリゴリとアップデートをかける。なにこのウィルスソフト


だがしかし。カスペルスキーが入ってるPCをLAN内の他のマシンから見れないという症状が・・・(;´Д`)
ファイアウォールの設定でゾーンにIP登録しようにも

「編集した記録はリストの中に既に存在しています」

リストにゃLANカードとインターネットしか存在してねぇだろアホかぁぁぁぁヽ(`Д´)ノ


2ちゃんで訊いてみると、なんたることか、KIS入ってるPCがマスタブラウザになってると、共有の一覧表示ができなくなるそうな。 対処法はWins立てるか、Sambaあたりをマスタブラウザにする、あるいは共有名をアドレス欄に直接入力してショートカットを作っておく。しかないそうだ。終わりすぎとる・・・。



ちなみに症状はこんな感じ。ちなみにPC起動順はA→B、どちらの場合もA、B双方ともインターネットには繋がる

・マシンA(カスペ)、マシンB(ノートン)→AからBは見えるがBからはAが見えない
(ワークグループには入れてるようだがマシンAのカスペがアクセスを拒否ってるような感じ)

・マシンAB両方カスペ→どちらからも相手が見えない(ワークグループ名は先に起動したAが奪取、 あとに起動したBはワークグループに入れず孤立)



嫌だけどノートンに戻るか、ウィルスバスターにするしかないのかねぇ・・・。高い金出しただけに鬱だ・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • 通行人

    こんにちは。
    私もインターネットセキュリティ2009で悩んでましたが、次の記事で解決しました。
    http://kurosu.cocolog-nifty.com/kurosu_report/2009/02/kaspersky-6563.html

    -----------以下引用----------------------
    カスペルスキーの設定画面を開いて・・・
    1.「ファイアーウォール」の設定があるところを探します
    2.「ネットワークルール」という類の設定を探します
    3.LANに接続しているネットワークが表示されているので、そこの「ネットワークゾーン」というような表示を見てみます。おそらく「インターネット」とか「ローカルネットワーク」になっていると思います。
    4.それを「信頼済みネットワーク」に変更すれば、OKです。
    5.それでもうまくいかない場合は、windowsのDNS clientの起動設定を変える必要があります。
    --------------------------------------
    2009年04月17日 16:52

この記事へのトラックバック